チューズデーチューズデー

TOP PAGETOP PAGE > >> 脱毛を電気シェーバーですると、簡単で、あまり肌
脱毛を電気シェーバーですると、簡単で、あまり肌

脱毛を電気シェーバーですると、簡単で、あまり肌

脱毛を電気シェーバーですると、簡単で、あまり肌への負担はかかりません。サロンやエステの脱毛を受ける際に行う事前処理に、電気シェーバーを使うように言われることがよくあると思います。でも、全くお肌に負担をかけないというものでもないため、きちんとアフターケアをしてください。

エステティックで有名なTBCは、まったくタイプの違う2種類の脱毛方式、TBCスーパー脱毛(美容電気脱毛)と光を使って脱毛する「TBCライト」といった異なるタイプの施術が受けられるようになっています。入会金等の初期費用を払って「メンバー」というものになると普通の価格表より割安な価格で施術が受けられます。月の支払いを一定に収めた定額制プランがあり、お肌のタイプや毛質、どのくらいきれいになりたいかという希望にあわせた最適な脱毛プランを教えてくれるので、カウンセリングから試してみるのも良いかもしれません。

家庭用脱毛器としては「トリア」は珍しく、レーザーを使った脱毛が可能な機種です。
医師免許のない人がレーザー脱毛を行うことは医師法に違反するため、エステサロンや脱毛サロンでは提供することができません。クリニック限定だったレーザー脱毛が自宅でできるというのは嬉しいですね。



家庭用のコンパクトな機材なので、特殊なメンテナンスや資材の購入は必要ありません。ELLEのジーニアス・アワードを受賞したこの商品は、購入者全体の90%が満足していると答えています。購入後30日以内なら返金してもらえるので、レーザーを使ってみたかった人も、安心して試すことができますね。脱毛サロンのコースは6回というものが多いですが、6回では施術する場所により脱毛がうまくいかないこともあります。
人それぞれですので、6回で大丈夫だと思う方もいますが、基本回数よりも受けたいと感じることが多いことでしょう。



基本回数以降の料金については、事前に確認しておくことが大丈夫でしょう。
女性だけではなく男性も通える脱毛サロンは滅多にありません。そのほとんどは、男性と女性のどちらか専用であり分かれています。脱毛という女性にとってデリケート問題に男性が関わってほしくないと考えない女性の方が少ないくらいなので、至極当然ではあります。



わずかではありますが、男女ともに利用可能な脱毛サロンもあったりしますから、デートに利用することもできなくはないでしょう。カミソリなら簡単にムダ毛を処理できますが、お肌にダメージをあたえてしまいます。


あらかじめジェルなどでケアしてから剃る、カミソリは剃りやすいきれいなものを使うなど、工夫が必要です。

剃った後の肌を石鹸などで洗うことは極力避けて、入浴は避けて、乾燥させないように、保湿しましょう。


ようやくムダ毛を剃り終えても、日を置かずにまた生えてきますが、気にしすぎるあまり剃ってばかりいるとやっかいな色素沈着を引き起こします。
脱毛サロンでデリケートゾーンを脱毛するのって、キレイに仕上がって、肌トラブルも起こりにくいと思います。


ただ、脱毛サロンの中にはVIO脱毛が出来ない場合もあるのでHPなどで確認してから行きましょう。

デリケートゾーンの脱毛を恥ずかしがる方もたくさんいますが、同性同士ですし、自分で行うより、危なくないです。
ニードルと呼ばれる針を使う脱毛は毛穴一つ一つに針を入れてごく微量の電気を通しながら、毛根部にあるムダ毛を作る組織をその働きができなくなるようにします。手間がかかることに加えて、比較的痛みが強い方法だという声もありますが、永久脱毛に近い効果が得られると言えます。

安心して任せられる施術者に施術してもらったら、もうムダ毛で悩まなくてもよくなるのです。

全身脱毛を行うとき、施術を行うときに痛みがないか、気に掛かります。

今では多くの脱毛サロンにおいて、最新技術である光脱毛方式のフラッシュ脱毛で施術が行われています。フラッシュ脱毛とは、ほんの一瞬に広範囲の脱毛部位に光を照射することによって脱毛処理を行います。ですから、他の脱毛方法に比べるとまったくといっていいほど痛みも感じることもなくて利用者も高い評価をしています。

市販の脱毛器の中には、Vゾーン脱毛ができる製品があります。ほかの部分の脱毛をサロンにお任せするのは抵抗なくても、アンダーヘアの脱毛を行うのは恥ずかしいし、かといって処理はしたいしと思っている方は、市販の脱毛器を利用するのもありだと思います。


痛みを感じやすく、たいへんデリケートな部位ですから、同じ脱毛器といっても、出力調整できるものを選べば、あとで続けられないということもなくて良いでしょう。

関連記事




Copyright (C) 2014 チューズデー All Rights Reserved.